乳がん検診について

 

現在、日本人の女性の12人に1人が

乳がんになっています。

乳がんは、早期に発見することが極めて重要です。

乳がんの早期発見には1年毎の検診が

必要で、2年毎では不十分です。

なお、ペースメーカー、豊胸手術をされている方、妊娠中、

授乳中の方は、マンモグラフィをお受けいただくことは

出来ません。(視触診+超音波のみになります)

 

乳がん検診について

 

現在、日本人の女性の12人に1人が

乳がんになっています。

乳がんは、早期に発見することが極めて重要です。

乳がんの早期発見には1年毎の検診が

必要で、2年毎では不十分です。

なお、ペースメーカー、豊胸手術をされている方、妊娠中、

授乳中の方は、マンモグラフィをお受けいただくことは

出来ません。(視触診+超音波のみになります)

 

乳がん検診について

 

現在、日本人の女性の12人に1人が

乳がんになっています。

乳がんは、早期に発見することが極めて重要です。

乳がんの早期発見には1年毎の検診が

必要で、2年毎では不十分です。

なお、ペースメーカー、豊胸手術をされている方、妊娠中、

授乳中の方は、マンモグラフィをお受けいただくことは

出来ません。(視触診+超音波のみになります)

 

 子宮がん・卵巣がんについて

世界では2分に1人が、子宮がんで死亡しています。

日本では1日に7人の女性が子宮がんで亡くなっています。

早期発見が重要になってきます。

また近年では卵巣がんが増えています。罹患率も年齢と共に増加します。

卵巣がんの発見には経膣超音波検査が重要です。

腫瘍マーカー血液検査も補助診断として実施されます。

 

 子宮がん・

卵巣がんについて

世界では2分に1人が、子宮がんで死亡しています。日本では1日に7人の女性が子宮がんで亡くなっています。早期発見が重要になってきます。また近年では卵巣がんが増えています。罹患率も年齢と共に増加します。卵巣がんの発見には経膣超音波検査が重要です。腫瘍マーカー血液検査も補助診断として実施されます。

 

 子宮がん・卵巣がんについて

世界では2分に1人が、子宮がんで死亡しています。

日本では1日に7人の女性が子宮がんで亡くなっています。

早期発見が重要になってきます。また近年では卵巣がんが増えています。罹患率も年齢と共に増加します。卵巣がんの発見には経膣超音波検査が重要です。腫瘍マーカー血液検査も補助診断として実施されます。

 

 

その他のがん検診について

大腸がんは、日本女性のがん罹患率のトップになっています。

胃がん、肺がんも日本女性の5大がんの1つです。

いずれのがん検診も当院で実施しておりますので、

お気軽にお尋ね下さい。

 

 

その他のがん検診について

 

大腸がんは、日本女性のがん罹患率のトップになっています。胃がん、肺がんも日本女性の5大がんの1つです。いずれのがん検診も当院で実施しておりますので、お気軽にお尋ね下さい。

 

 

その他のがん検診について

 

大腸がんは、日本女性のがん罹患率のトップになっています。胃がん、肺がんも日本女性の5大がんの1つです。

いずれのがん検診も当院で実施しておりますので、お気軽にお尋ね下さい。

 

 

安心の妊婦検診

国際親善総合病院のセミオープンシステム

(分娩は総合病院で、妊婦検診はクリニックで)

の関連医になっています。

妊婦検診をご希望の方は、まず当院へお問い合わせください。

 

 

安心の妊婦検診

国際親善総合病院のセミオープンシステム

(分娩は総合病院で、妊婦検診はクリニックで)

の関連医になっています。

妊婦検診をご希望の方は、まず当院へお問い合わせください。

 

 安心の妊婦検診

国際親善総合病院のセミオープンシステム

(分娩は総合病院で、妊婦検診はクリニックで)の関連医になっています。

妊婦検診をご希望の方は、まず当院へお問い合わせください。

 

 

女性の総合診療科として

 

婦人科は、女性の総合診療科だと考えております。

身近なご家族やお知り合いにも乳がん検診をはじめ各検診をお勧めください。

早期発見がたいへん重要です。検査を受ける“勇気”をもちましょう。

 

 

女性の総合病院として

 

婦人科は、女性の総合診療科だと考えております。身近なご家族やお知り合いにも乳がん検診をはじめ各検診をお勧めください。早期発見がたいへん重要です。検査を受ける“勇気”をもちましょう。

 

 

女性の総合病院として

 

婦人科は、女性の総合診療科だと考えております。身近なご家族やお知り合いにも乳がん検診をはじめ各検診をお勧めください。早期発見がたいへん重要です。検査を受ける“勇気”をもちましょう。